自分でゲームが作れる!

イメージをリアルに変えるチカラをつける

デジタルコンテンツやアプリケーションソフトを体験し、コンピュータの基礎的な扱い方、コンピュータリテラシーを身につけていきます。コンピュータ概論・アルゴリズムC言語・ゲーム制作・3DCG演習・HTML基礎などを学び、3年次には、習得したデジタル技術を活用して、「人に役立つ・人を楽しませる」をテーマにした、デジタルコンテンツやアプリケーションソフト・ゲームを完成させていきます。Unity認定試験とC言語プログラミング能力認定試験にもチャレンジしスキルアップをはかります。

コース紹介ムービー

IT技術はこれからどんどん進化していきます。去年、爆発的に認知度を増したのが、VR(仮想現実)。本校のゲームを作る授業では、自分で作ったゲームの中に入れてしまう楽しさと驚きもある授業!
既に、色々なツールが開発されていて、“高校生でも開発できる”時代が、もうすぐそこまで来ています。本校では、これらの基礎となる知識を学ぶ事ができるカリキュラムが特長です。
これからは、新しい職種、新しい仕事に適応できる人材が必要になってきます。VR、3Dゲーム開発などを勉強できる環境を活かして自分の興味のあるものに対してどんどん学んでいってほしいです。創造力×プログラミング技術で笑顔になれるゲームづくりが学べる学校、未来を切り拓く力を身につけていきましょう!

-Curriculums-

好きなことと勉学を両立できるカリキュラム

専門の授業で将来の職業を見つけよう
午後の授業は興味のある分野をより深く学びます。制作展や企画などは異学年混成で活動を行うスタイルです。その中で、リーダーシップやコミュニケーションチカラも育みます。
1年次時間割(例) 総合学科

-School life-

一日の流れ

8:50
  • 登校
登校

バス・モノレール・自転車などで登校

9:00
  • ショート
    ホームルーム
ショートホームルーム

その日の授業や予定などを確認します

9:20
  • 午前の授業
午前の授業

普通科目を中心に学びます。

12:10
  • お昼休み
お昼休み

みんなで一緒にお弁当。ワイワイと楽しいひと時。

13:10
  • 午後の授業
午後の授業

選択コースに分かれて専門性を深めます。

16:00
  • 掃除・
  • ショート
    ホームルーム
掃除・ショートホームルーム

掃除を終え、帰宅します。明日も楽しくスクールライフ!

-Point of Digital Creation course-

デジタルクリエイションコースの特長

初心者でも安心
プログラミングを全く知らない初心者の方でも安心して確実にステップアップできるカリキュラムです。最新の機材を使用してVR・ゲームを作れる充実した環境が整っています。
Unityを学ぶ
未来の職種に対応するために、ゲーム以外にも映像制作・医療・建築・ファッション等様々な分野への応用ができるプログラミング言語「Unity」を使う授業を基本としています。
学ぶ・楽しむ・成長する
学ぶ・楽しむ・成長する。
(専門教科・ゲーム部・コンテスト)

-Course Contents-

主な授業の内容

  • 時代の先端に合わせた技術を用いたゲーム制作学習

    ゲーム制作Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    「Unity」というゲーム制作ツールについて学習します。(Unityとは、家庭用ゲーム機やスマートフォン・パソコン等の様々な機種に向けての開発に対応した、ゲーム開発ツールです)
    現在はゲーム以外にも、医療・建築・運転など、様々な分野の企業がUnityを使用してコンテンツの制作を行っています。また、近年 注目を集めているVR(仮装現実)の開発も行えるので、各業界でのunityの需要は更に増えています。
    1年次は、制作に必要な手順やプログラムの基礎知識を学ぶために、初心者向けの「Scratch」というツールを使い学習します。1年次終盤からUnityの使い方を練習します。
    2、3年次では、Unityを使用しゲームの組み立て方やプログラムを覚え、ゲームを作っていきます。
    ゲーム制作の分野で世界最大シェアを持つ「Unity」のスキルを身に付けながら、ゲーム制作の流れを学習し、自分で開発ができる力を身に付けます。
    また、多くのイベントに作品を出展する機会があり、数人のチームで1つのゲームを作る事もあります。これらの活動を通して「チームワーク」や「コミュニケーション能力」を育み、人間的な成長を図ります。

    この授業で学べる内容

    ・Unity

    ・ゲーム開発

    ・プログラミング

    ・スマホゲーム

    ・PCゲーム

  • プロのクリエイター指導によるグラフィック制作

    CG演習Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ

    ゲーム、テレビ、映画などCGを使用した作品を目にする機会が多くなり、市場規模拡大が期待されているCG(コンピュータグラフィック)業界ですが、一口にCGと言っても様々なジャンルに細分化され、それぞれにおいて高いクオリティが求められています。
    CG演習の授業では、生徒の感性や得意な分野を大切に伸ばし、様々な表現ができるようにするための技術を身に付け、多様化する業界の中で活躍できるためのスキルを伸ばします。
    Maya(3DCG 制作)・Photoshop(写真の画像加工)・Illustrator(イラスト制作)などの実際に現場で使用されているソフトを使用し、プロとして活躍されているクリエーターの方々を講師として招き入れ、授業を行っています。
    自分の創りたい世界を明確にし、創造性を発揮し自由にオリジナルのキャラクターや、背景(世界)を創り、応用力を身に付けます。
    ゲームに登場させるキャラクターや小道具のデザインも学べます。上記のツールを使って描き出し、制作後は、「ゲーム制作」の授業と連携し、オリジナルのゲーム制作へと発展させます。

    この授業で学べる内容

    ・ゲーム

    ・3DCG

    ・Maya

    ・Photoshop

    ・Illustrator

  • 効率的でシンプルなアルゴリズムの考え方を学ぶ

    アルゴリズムとプログラム

    AI(人工知能)・VR(仮想現実)・IoT(“モノ”の相互通信)などの新しい技術が次々と登場している時代の中、様々な技術に対応できる人財として活躍できるようになるために、プログラミングについての基礎学力の向上を図ります。
    「アルゴリズム」「プログラミング」についての基礎学力・データ構造に関する知識と技術を習得し、実際に活用する能力を育てます。
    IT業界で特に必要とされるのは、「論理的思考」、アルゴリズムを組み立てる能力です。
    プログラムを実行する際、様々な表現方法がある中で、「やり方」・「手順」を効率良く、かつシンプルに表すにはどうすれば良いか?という事を学びます。
    プログラミング言語「C++」を学びながら、「自分が求めている事を実現させるために、必要な命令の組み合わせを考え、改善を重ね意図したものに辿り着く」という練習を重ね、 「プログラミング的思考能力」を深めます。
    「C++」の基本的なスキルを身につけ、プログラマとして使える技術を習得する事を目標に授業を行いながら、プログラミングの面白さ・やりがいを学びます

    この授業で学べる内容

    ・AI

    ・VR

    ・loT

    ・プログラミング

    ・アルゴリズム

    ・C++

-Games by students-

学生作品のご紹介

本コースの最大の特長は作品制作です。個々の得意分野に合ったデジタル技術を発展させ、人に役立つ、人を楽しませるデジタルコンテンツやアプリケーションソフト、ゲームを完成させます。

  • 【Unityインターハイ2016】

    激走スターマイン!!

    製作者:並川健司(ナミカワケンジ)

    出身校:浦西中学校

    平成28年度卒業

-Qualifications and Skills-

目指す試験・資格

Unity認定試験
Unityはゲーム開発におけるメジャーなツールとして知られ、全世界のデベロッパがゲームのみならず、VR/ARコンテンツ、メディアアート、シミュレーションなどのコンテンツ開発に使用しています。
ゲーム開発の現場において必要とされるUnityに関する知識と技能が一定水準に達している事をUnity Technologiesが認定するのがUnity認定試験です。
C言語プログラミング能力認定試験
C言語とはプログラミング言語の中でも特に知名度の高い言語のひとつです。利用範囲はアプリケーション作成やシステム開発など多岐にわたる汎用性を持つもので、Javaに次ぐシェアを確立しています。本校ではこのC言語の能力認定試験の合格を目指すことで、将来の仕事や資格取得に役立てれるように授業を組み立てています。

-Step up in 3 years-

3年間でのステップアップ

1年次
  • コンピュータの基本操作を身につけます。
  • デジタル技術に興味を持ち、様々なコンテンツやソフトを体験します。
  • アナログ的手法でゲームを考え、人を楽しませるモノづくりを体験します。
  • Scratchを使用して簡単なプログラムの流れを学習します。
2年次
  • プログラミングの基礎を理解し、簡単なプログラムを動作させることができます。
  • 3DCGの仕組みを理解し、簡単なモデルを制作できます。
  • Unityの操作に慣れ、簡単な3Dゲームを制作します。
  • 各授業で制作した作品を通して、制作意図を明確にし、プレゼンを行います。
3年次
  • C言語プログラミングについての習熟を更に深めます。
  • 3DCGを使ってゲームキャラクターを制作します。
  • 自分の発想を形ある物にし、それを多くの人へ感動をもって伝えます。

-Students voice-

生徒の声

並川健司
  • デジタルクリエイションコース
  • 平成28年度卒業
  • 並川健司(ナミカワ ケンジ)
  • 浦西中学校出身

だからこのコースは面白い

2年生になって、この学校に入るキッカケというか一番やりたかったC++というプログラミングやUnityでゲームを作るという無から有を生み出すことが楽しく、ただの消費者としてではなく開発者になれる!という事を少しずつ実感しています。授業以外ではサークルや部活などがあり、僕は写真部とフットサルサークルに所属しています。写真部では色々な場所へ行き、カメラの使い方や技術・構図など学びコンテストに応募を目標としてやっています。フットサルサークルでは日々の運動と仲間とのコミュニケーションなど自分が今まであまりやってこなかった事をやり社会に出たときに必要な体力とコミュニケーション力などを身に付けていければと思っています。好きな事と楽しいことは続けられるので、それをどんどん伸ばして成長していきたいです。