生きるチカラを育む学校 本校の約束

”与えられることに慣れてしまった若年層が多い”と言われるようになってきた現代―。自主的な「人財」が非常に重要視されます。私たち教職員は、生徒の自主性を大切に育むことを常に意識し、決断力・責任感・自己表現力・協調性・傾聴力・思いやり・気配りなど生徒が社会に出ていくために必要な力を身につけ主体性を持つ「人財」になっていくよう生徒と向き合っていきます。

本校の教育の特長

キャリア教育プログラム

チャレンジで私たちは成長する。

本校のキャリア教育とは

本校は、生徒自らが「社会人・職業人として自立していく」ことを目標にキャリア教育に取り組んでいます。学年ごとの成長テーマに沿ってステップアップし「生きるチカラ」を育みます。教職員全員が教育に携わる者として「これからの社会を支える人財の育成」を重要な使命と考え、生徒一人ひとりの未来づくりを全力でサポートします。

生徒のステップアップと進路指導

  • 生徒のステップアップ

    見る
    視野を広げ、適性や
    将来の目標を探る
    県内学校見学(大学・専門学校など)
    各大学の学部・学科の特長、キャンパスの雰囲気を知る。職業に直接結び付く資格・検定を知り、将来像を描きます。
    企業見学
    業種・職種を知り事前の企業研究をする。実際の現場を見てインターンシップ研修へのマッチングを図ります。
    職業講話
    各分野で活躍している方の話を聞き、将来像を具体的に描きます。
  • 進路指導

    探る
    適性を探る

    さまざまな生き方や価値観を意識するキャリアガイダンスの授業を通して、視野を広げ社会に目を向けて、将来の目標を探ります。将来の進路を進学先だけではなく、就きたい職業も視野に入れて考えていく1年間です。

    • ●二者面談
    • ●進学ガイダンス参加
    • ●県内大学・専門学校見学
    • ●卒業生進路講話
    • ●企業見学
    • ●オープンキャンパス参加
    • ●職業講話
  • 体験する
    進路を見据え
    インターンシップを体験
    インターンシップ研修

    キャリア実現のためのプログラムの一環として、インターンシップを実施しています。学校で学んでいることが社会でどのように役立つのかを実感し、今後の学習意欲向上につなげます。

    異世代の職業人との関わりを通して、他者とのコミュニケーションの大切さに気づく。

    礼儀やマナーの大切さを再確認し、それを学校生活や社会でも活かせるような体験をする。

    ライフプランニング
    3年後・5年後・10年後の将来設計をワークショップ形式で学び将来像を具体化します。
  • 見据える
    進路を見据える

    インターンシップを経験し発表することで、自分が将来何をやりたいのか、それに向かって具体的にどのような準備が必要かを考え自己理解を深めます。さまざまな受験方法を理解した上で、それに対応できるよう日頃から学校生活のあり方を自覚し、きちんとした学習指導、生活習慣を身につけていきます。

    • ●二者面談
    • ●進学オリエンテーション
    • ●進学ガイダンス参加
    • ●オープンキャンパス参加
    • ●卒業生進路講話
    • ●企業研究
    • ●進路希望調査
    • ●奨学金説明会
    • ●インターンシップ
  • 創造する
    将来への準備、
    自分の道の創造
    センスアップセミナー
    模擬面接を実施することにより、進路指導の基礎を整えます。また、進学及び就職活動へ向けて面接力・進路意識の向上に繋がる機会としています。
  • 準備する
    将来への準備をする

    今までのステップで積み重ねてきたことを基本に、一人ひとりが自分の興味・関心・適性などが活きる進路をじっくりと考え決定していきます。進学・就職希望者それぞれが自分に必要な情報を整理し、一歩一歩着実に自己実現へ近づいていきます。

    • ● 三者面談
    • ● 進路オリエンテーション
    • ● センスアップセミナー
    • ● 進路希望調査
    • ● 卒業生進路講話
    • ● 進学ガイダンス参加
    • ● 合同就職説明会参加
    • ● 大学入試面接対策(AO/推薦入試対策)
    • ● 小論文対策
    • ● 奨学金説明会

進路実績

主な進路実績

●大学・短大

県内
  • ・沖縄国際大学
  • ・沖縄大学
  • ・沖縄キリスト教短期大学
県外
  • ・徳島文理大学
  • ・京都精華大学
  • ・東京工芸大学
  • ・中京大学
  • ・倉敷芸術科学大学
  • ・名古屋学芸大学
  • ・人間環境大学
  • ・岐阜協立大学
  • ・九州国際大学
  • ・大阪人間科学大学
  • ・自由が丘産能短期大学
  • ・駿河台大学
  • ・中央学院大学
  • ・四国学院大学
  • ・長崎国際大学
  • ・長崎女子短期大学
  • ・第一工業大学
  • ・山梨学院大学
  • ・花園大学
  • ・九州共立大学
  • ・豊岡短期大学
  • ・拓殖大学北海道短期大学
  • ・岐阜協立大学
  • ・東亜大学
  • ・聖学院大学

●大学校

  • ・沖縄農業大学校(県内)
  • ・穴吹医療大学校(県外)

●専門学校

  • 県内
  • ・国際電子ビジネス専門学校
  • ・インターナショナルリゾートカレッジ
  • ・インターナショナルデザインアカデミー
  • ・沖縄大原簿記公務員専門学校
  • ・沖縄ペットワールド専門学校
  • ・ビューティーモードカレッジ
  • ・エルケア医療保育専門学校
  • ・パシフィックテクノカレッジ学院
  • ・琉球リハビリテーション学院
  • ・琉球調理師専修学校
  • ・沖縄調理師専門学校
  • ・専門学校 大育
  • ・専門学校 那覇日経ビジネス
  • ・沖縄ブライダルモード学園
  • ・沖縄情報経理専門学校那覇校
  • ・サイテクカレッジ沖縄
  • ・ITカレッジ沖縄
  • ・沖縄写真デザイン工芸学校
  • 県外
  • ・福岡デザインコミュニケーション専門学校
  • ・大阪ECO動物海洋専門学校
  • ・HAL東京
  • ・HAL大阪
  • ・HAL名古屋
  • ・日本写真芸術専門学校
  • ・文化服装学院
  • ・上田安子服飾専門学校
  • ・読売理工福祉専門学校
  • ・横浜ファッションデザイン専門学校
  • ・東京服飾専門学校
  • ・東京商科・法科学院専門学校
  • ・創形美術学校
  • ・東京アニメーションカレッジ専門学校
  • ・広島アニマルケア専門学校
  • ・東京デザイナー学院
  • ・専門学校東京アナウンス学院
  • ・大阪文化服装学院
  • ・エスモード ジャポン東京校
  • ・いわきコンピュータカレッジ
  • ・九州総合スポーツカレッジ
  • ・沖データコンピュータ学院
  • ・桑沢デザイン研究所
  • ・日本ナレーション演技研究所
  • ・日本菓子専門学校
  • ・福岡リハビリテーション専門学校
  • ・福岡医健・スポーツ専門学校

主な就職実績

  • ・プロ野球(オリックスバファローズ)
  • ・JALスカイエアポート沖縄
  • ・株式会社琉球バス交通
  • ・REX株式会社
  • ・(株)トヨタレンタリース沖縄
  • ・航空自衛隊
  • ・陸上自衛隊
  • ・沖縄産業開発青年隊
  • ・有限会社 リオ・ビアンコ沖縄縫製工場
  • ・株式会社ATP
  • ・株式会社 ニチハン繊維
  • ・株式会社 昭和制作
  • ・琉球インタラクティブ 株式会社
  • ・制作会社 サマータイムスタジオ …他
MERIT

KBC学園のメリット

内部進学制度

本校からKBC学園グループの専門学校へ進学する際に進学者の学費等を軽減するための制度です。

本校の教育の特長
教育の特長1

グローバル教育

本校はコミュニケーションツールとしての英語教育を全コースに取り入れています。また「沖縄の歴史」を通して、アイデンティティに自信を持って自己表現できることを目指します。地域に誇りを持ち、他国の社会や文化に関心を寄せ、世界中の人々と関わっていくための英語を学ぶことで未来のために貢献する「人財」へと成長していきます。

GOALS

UNESCO SCHOOL

沖縄県初!(高校)ユネスコスクール加盟校に認定

2019年12月パリのユネスコ本部より、沖縄県内初のユネスコスクール(高等学校)として認定されました。 2007年の開校以来、実践的授業や課外学習に力を入れ、生徒一人ひとりの個性や能力に合わせた活動実績が評価されました。
ユネスコスクールとは、ユネスコ憲章に示されたユネスコの理念を実現するため、平和や国際的な連携を実践する学校です。現在の加盟校数は、世界182ヶ国、約11,500校、日本は1,120校(2019年11月現在)沖縄県内では小学校1校、中学校1校そして高等学校ではKBC学園未来高校が認定されています。
主な活動内容は、国際理解、地域貢献、平和教育です。2019年から東京オリンピック・パラリンピックのホストタウン事業として、北中城村、中城村の子どもたちへオリンピックの啓蒙活動と、南アフリカの国々の紹介を行っています。 今後も、ユネスコスクールネットワークの活用により、国内外の交流を通じ、情報や体験を分かち合い、地元沖縄からの発信を続けていきます。
また、地球規模の諸問題を考える素地をつくることを目指し「持続可能な開発のための教育」の実現を全校生徒、職員全員で取り組んでいきます。

2018年度までの活動例

  • ・「届け服のチカラ」プロジェクト
  • ・おきなわ国際協力人材育成事業参加
  • ・「平和の鐘を鳴らそう!」活動
  • ・ふくしまデザインコンテスト協力
  • ・JICA国際交流会
  • ・ユネスコパスポートの活用
  • ・YFU国際交流ツアー参加
  • ・内閣府「家族や地域の大切さに関する作品コンクール」 優秀作品賞受賞
  • ・アメリカの高校生と練習試合(サッカー)
  • ・第27回島根県雲南市永井隆平和賞 高校生部門 最優秀賞受賞
  • ・ユネスコ世界寺子屋運動
  • ・那覇市 城間市長訪問
  • ・沖縄の食材を使った保護者向け栄養講習会
  • ・「なは新聞」作成
  • ・近隣地域のゴミ拾い活動
  • ・協働のまち意見交換
  • ・献血活動
  • ・糸満市南浜グラウンド清掃活動

2019年の活動例

  • ・南浜グラウンド清掃活動
  • ・ユネスコ寺子屋運動(書き損じハガキキャンペーン)事業
  • ・JICA沖縄国際センター(浦添市)にて「国際交流会」
  • ・那覇市善行青少年並びに青少年育成功労者表彰
  • ・カデナハイスクールと練習試合
  • ・日本ユネスコ協会連盟より感謝状
  • ・YFU国際交流ツアー
  • ・研修旅行(韓国)
  • ・東京オリンピック・パラリンピックホストタウンポスタープロジェクト
  • ・平仲ボクシングジム主催の交流会を取材
  • ・カーボベルデ共和国の選手との交流
  • ・「平和の鐘を鳴らそう」平和学習会
  • ・内閣府勝野参事官内閣府によるホストタウン活動視察
  • ・KBC学園グループ学園祭2019献血活動
  • ・沖縄県学童野球競技大会をサポート
ユネスコスクールの活動目的

ユネスコスクール・ネットワークの活用による世界中の学校と生徒間・教師間の交流を通じ、情報や体験を分かち合うこと

地球規模の問題に若者が対処できるような新しい教育内容や手法の開発、発展を目指すこと

ユネスコスクール加盟のメリット

国内外のユネスコスクールと交流する機会の増加

ユネスコスクールHPを通じた情報交換

ユネスコスクール全国大会をはじめ、ワークショップ、研修会への参加