> 学校の特長・教育スタイル > 校長挨拶・教育理念

校長挨拶・教育理念

校長挨拶

未来高等学校 沖縄学習センター長 前新 健

成長するために、いちばん必要もの
それは「チャレンジ」でした。

生徒は、常に何かにチャレンジしています。
そして教職員は、常に生徒一人ひとりと向き合い、それぞれに合った「チャレンジするための課題や環境」を創るためにひたむきに取り組んでいます。
人が一歩ずつ一歩ずつ日々成長していく姿は何よりも美しく、たくましい。

「人は必ず成長する」
「想いは実現する」
「僕ならでは、わたしならでは」が必ずある。

卒業するとき、あなたはそれを必ず実感できるはずです。
「自分はきっと、思い描く未来すら超えていく。」

世界をつくる元気な学校

「世界をつくる元気な学校」をテーマに開校し15年。

「世界をつくる元気な学校」には

生徒一人ひとりの個性を大事にし
生徒が成長を実感できる機会をつくり続けることで、
自ら考え行動する力を育み、「自分」という世界を限りなく広げていく、やがて世界をも変えていくような人財へと大きく成長していく。

そんな想いが込められています。

これからも私たちは

生徒の人間的成長に寄りそう教育
生徒一人ひとりが見守られていることを実感できる丁寧な教育
生徒が「未来を生き抜く力」を育む教育をしてまいります。

教育理念

教育理念

高度な技能、技術を身に付け、人間性豊かな永久戦力となる人財を育成します

育成する人財像

  • 友情・努力・勝利をキーワードとして成長できる人財を育成します。
  • 自己教育力をもった人財を育成します。
  • 思いは実現することを信じ、常に大きな夢・目標に向かって邁進する人財を育成します。
  • 実力の証明となる、高度な資格検定等を取得できる人財を育成します。
  • 頭だけではなく、心と体で学び実行する行動的な人財を育成します。
  • 規律、約束を大切にする人財を育成します。
  • 社会において活躍できる、実践力のある人財を育成します。

ディプロマポリシー
【卒業時に身に付ける力】

  • 学園クレドに基づき、人間性豊かで問題解決能力を兼ね備えた自立した人財育成をする。
  • 幅広い知識、学力を身に付け、国際的視野を持ち、主体的に未来を切り開く力を備えた人財の輩出を目指す。

カリキュラムポリシー
【教育の方針】

  • 各種大会、検定、課外活動などの体験を通し、コミュニケーション能力、リーダーシップを育む教育課程とする。
  • 主体的に学ぶ力を身に付け、基礎学力が確実に身につく指導を行う。
  • ユネスコスクールとして課外活動、ボランティア活動などを通して視野を広げ、国際理解と他者尊重、社会貢献の精神を育む教育課程とする。

アドミッションポリシー
【求める生徒像】

  • 学習意欲を持ち、目標を実現させるために挑戦し続ける生徒
  • 将来の夢や目標を持ち、前向きな姿勢で取り組む素直で思いやりのある生徒
  • ボランティア活動に意欲のある生徒
  • 中学校やクラブチーム等において経験があり、継続的な活動を通して、競技力・技術力向上を目指す意志がある生徒(スポーツコース)

KBC学園グループの取り組み

学生クレド

クレドとは「信条・志」を意味するラテン語で、多くは「企業の信条や行動指針を簡潔に記したもの」を指します。KBC学園グループでは先輩学生自らの経験を元にKBC学園グループの学生である心得・信条を示し、自主性のある行動を促しています。

KBC学園グループクレド

▲クリックするとズームできます。

お問い合わせダイヤル:0120-784-361(月~金 9:00~17:00)

  • 通信制コース