> 新着情報 > 体験授業・学校説明会情報 > eスポーツの市場規模について

6/28

eスポーツの市場規模について

今熱い!世界中で注目されているeスポーツとは?
eスポーツとは「エレクトロニック・スポーツ(electronic sports)」の略称のことで、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉えたものです。

アメリカでは、スポーツとして認定されており、オリンピックの種目として採用される可能性が高いとも言われております。

30代、40代のお父さん世代がゲームセンターやファミコンで熱狂したあの「ストリートファイター」もeスポーツの競技として世界中でプレイされています。子供の頃にはまったゲームが、今ではスポーツ競技になるなんて想像した方はいたでしょうか。

もっと「遊んでプロになりたかった!」と思うお父さんもいるかもしれませんね(笑)

日本はeスポーツに後進国と呼ばれていますが、プロとして認定する機関もあり、世界大会で活躍する日本人プロ選手もいます。

20190417-0614

eスポーツの市場規模

総務省の調査報告書によれば、2017 年の市場規模は 700.9 億円、2018 年には 38.2%成長すると予測されています。

●世界市場規模: 700.9 億円(2017年)
●世界視聴者数:3 億 3500 万人(2017年)

出典:総務省の調査「e スポーツ産業に関する調査研究 平成 30 年 3 月」
米調査会社 Newzoo
http://www.soumu.go.jp/main_content/000551535.pdf

アメリカの証券会社ゴールドマンサックスの報告書によれば、2022年までに29.6億ドルに達すると予想されています。

これだけ市場規模が拡大、急成長しているe スポーツは産業として投資家からも注目されていることが分かりますね!
出典:ロイター
https://www.reuters.com/article/us-goldman-sachs-results-equities-idUSKBN17K2IF

世界のeスポーツ市場の推移
世界のeスポーツ市場の推移 (出典:Newzoo、2018年以降は予測)

日本国内の市場規模

総務省の調査報告書によれば、国内のeスポーツ市場規模は2017年で5億円未満、視聴者数は158万人と試算しています。

●国内市場規模:5億円未満(2017年)
●国内視聴者数:158万人(2017年)

世界市場700億と比較しても、まだまだ国内においては市場規模小さい状況です。
これは、eスポーツの国内における、認知不足によるスポンサー獲得やe スポーツ大会を主催する事業者や著作権者との連携や法的整備の遅れなどが要因としてあげられます。

海外の大会では、高額賞金を設定するケースが多く、プロ選手を目指すプレイヤーを魅了し、メディア露出によりeスポーツ産業の活性化につながっています。

総務省がeスポーツの市場調査を行った背景には、産業として期待されており、法整備やガイドラインの策定などにつなげていく考えがあるのではないでしょうか。

IMG_6847

Jリーグもプロ野球もeスポーツに参入?

Jリーグは「明治安田生命eJ.LEAGUE大会」を開催し、日本野球機構(NPB)は、プロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンを開催する予定となっています。

eJ.LEAGUEについて
eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンが11月3日に開幕

リアルスポーツとeスポーツの融合により、多くのファンが増え、この流れは世界的に大きなムーブメントになっています。

また、eスポーツはリアルスポーツと違い、年齢や身体能力関係なく、誰でも参加ができるという点で多くの方に活躍のフィールドが広がっていくと考えられます。

20190417-0590

職業における可能性

世界的なムーブメントにより、今後プロ選手を目指す子供たちも多くなっていくのではないでしょうか。

League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)の2018年世界大会の賞金総額は約7億2000万円。6月に開幕された国内リーグLeague of Legends Japan Leagueの優勝賞金は1000万円となっています。

国内において、現状はまだまだ賞金やスポンサーといったプロとして活躍できるフィールドが少ない状況ですが、3年後、5年後、10年後と今の子供たちが大人になるころは大きく変わっていると考えられます。

プロとして海外の大会を目指し、トップスターを目指すことも職業としての可能性もありますが、eスポーツを通して、得られるスキルや経験が他の職業にも大きく活かされると考えております。

今後、eスポーツ分野で考えられる職業はプロプレイヤー、ゲーム実況者、イベント運営者、マネージャー、ライターなど、多くの新しい分野の職業が誕生することが考えられます。

================
学校法人KBC学園
未来高等学校 沖縄学習センター
〒900-0034沖縄県那覇市東町23-1
TEL 098-863-0936
================