> 新着情報 > 生徒メッセージ > プロが実践しているサッカーを学ぶ日々

2/27

プロが実践しているサッカーを学ぶ日々

この1年間近くを振り返ってみて、ひとつのプレーに対して深く考えるようになりました。

石川監督のサッカーの授業(座学)を受けていますが、それもあって、なんとなくパス出しをするとかは無くなり、次の動きをどうするのか、どうなるのかを意識するようになってきたと思います。

DSC_002122

サッカーの座学の授業では、プロが実践しているサッカーを石川監督の解説を聴きながら学んでいます。

ビデオを見て、この人はこういう考えでパスを出しているんだ、なぜあの場面であの動きをするんだろうと考えながら受けていて、「難しいけどやってみようかな」とやってみたい気持ちが生まれてきます。




4

入学してからこれまでに変わったことは、朝早く起きるようになったことです。
朝、サッカー部が使っている教室に一番早く着いて、掃除をしたり、たまには勉強したり(笑)何かをして過ごしています。


大学に進学できるのか成績も気にするようになりました。
2年生に進級したら、今年合格した級よりもひとつ上の級を受験できるようにしたいです。


サッカー面では、キーパーとしての自分の技術をあげて、チームのために貢献できるようになりたいです。色々な経験をしている石川監督のもとでもっと上手になっていきたいです。


1年 樋口貫太(浦添中学校出身)
総合学科 スポーツコース(サッカー専攻)

===================

学校のことがよくわかるパンフレット無料発送

体験授業・学校説明会のお申込みはお気軽に!

オススメのブログカテゴリー
授業風景や学校生活の様子
生徒メッセージ
保護者の皆さまの声

Facebookもぜひご覧ください。
学校Facebook
KBC未来高等学校沖縄野球部